コラム

東京マルイのAA-12の3発同時発射の威力は絶大

2018年04月19日(木)

 

革新を起こしてきた東京マルイが強力なショットガンを開発

電動エアガンの草分けとして確かな地位を確立している東京マルイが、電動ショットガン第1弾として生みだしたのがAA-12です。もともと東京マルイはSPAS12をモデル化したポンプアクションのエアショットガンから、3本のインナーバレルを使用することで3発同時発射ができる機構を取り入れ、エアショットガンの革新を起こしたメーカーでもあります。

 

それまで形状だけ実銃のショットガンのモデル化したものや、ポンプアクションや薬莢の排出ギミックなどでショットガンの雰囲気を再現したものはありましたが、実際に複数のBB弾を同時に飛ばすという点でショットガンの散弾を再現したのは当時画期的でした。

この3発同時発射は、BB弾を弾くという普通のエアソフトガンではなく、まさに狙った標的を押さえるというショットガンの感覚が支持されて、現在のエアガン市場におけるショットガンモデルにおいては複数弾同時発射というのが一つの定番となっています。もちろん今でも単発射のショットガンモデルを発売しているメーカーもありますが、この3本のバレルを使う3発同時発射は、言ってみれば3つの銃口から弾が飛び出す形ですので強力で、サバイバルゲームなどとても活躍しているのです。

東京マルイの電動ガンAA-12も、3シリンダーメカBOXを搭載することで、この3発同時発射が可能になっています。

BB弾の飛距離を伸ばす可変ホップアップも3つ搭載されており、エジェクションポート内のダイヤルを操作することで、それぞれ個別にホップアップを調整することができるので、上手く使いこなせば、飛距離を活かした弾幕の張り方などに活用することが可能です。

発射機構としては、電動ですのでトリガーを引くだけでBB弾の発射とコッキング、そして次弾の装填を電動で行う形です。

またスイッチ部分の負担を軽減するFET搭載で、電動エアガンで気になる初弾発射のレスポンスが向上している点も評価できるでしょう。

 

AA-12はフルオート機能搭載

東京マルイのAA-12の特筆すべき点は、その3発同時発射がフルオートでも可能になっているというところです。

フルオートの散弾というと、なかなかイメージがしづらいかも知れませんが、そもそもモデルとなった実銃のAA-12も、世界初のフルオート・ショットガンとして知られているアッチソン・アサルト12を、大幅改良した軍用散弾銃になります。

フルオートで3発同時発射ができるというのは、機能的に実銃に即したエアガンであると言えるでしょう。

実際に東京マルイのAA-12をフルオートで使用すると、BB弾が3発同時に飛んでいくのが連続する形になります。

サイトで狙いを付けていくと言うよりは弾道を確認しながら標的を制圧していくといった独特の感覚も魅力です。

サバイバルゲームなどのフィールドでの使用においては、フルオートで3発同時発射は、まさに弾幕を張り強力にフィールドを制圧するといったイメージです。

ただ使用における注意点として、3発同時発射は当然BB弾の減りも3倍になるという点です。標準のマガジンの装弾数は93発で、フルオートの連射機能は毎秒10発という形ですので約3秒でマガジンが空になってしまいます。

初めてのフルオートの使用では、あっという間にBB弾を撃ち尽くしてしまう感覚に戸惑ってしまうかも知れません。

そこで東京マルイのAA-12には実銃にはない機能として、セミオートの切り替えのレバーが付いています。

実銃ではセミオートの機構はなく引き金を引く指の力の調整でセミオート発射を実現しているのですが、エアガンではセミオートレバーを搭載することで、ゲームなどでBB弾を節約したい局面でも簡単に対応できる形です。

初弾のレスポンスが良いのでセミオートをメインにしてもゲームでかなり使えるでしょう。

 

3000発ものドラムマガジンも魅力

 

東京マルイの純正のオプションパーツとして装弾数が3000発のドラムマガジンも用意されています。

大量に撃ちまくって弾幕を張りたいという人は、活用してみることをおすすめします。

ただ流石に3発同時発射の1000ショットともなると、電動ガンのモーターやバッテリーなどの状態にも気を配らなくてはなりませんので、連続して3000発を撃ち切れることは保証されていないことには注意が必要です。

発熱などがある場合はインターバルをおいて適度に休ませることをおすすめします。もっともゲームにおけるAA-12の威力という面で考えると、標準マガジンだけの使用でもわずか3秒の間に、3つのバレルから90発ものBB弾をフィールドに叩き込む形になりますので強力です。また実際にゲームで使用する際には重さにも気を配る必要があります。

東京マルイのAA-12は金属製のインナーフレームを採用したしっかりとした造りになっており、標準マガジンを含めた重量は4.2キロ、ドラムマガジンの装着で約5kgという重さになっています。

銃の重さは安定感を生むのですが、サバイバルゲームでは敵陣に突撃していくアタッカーが使用するのには、この重さはやや不向きであると言えるでしょう。

逆に、その絶大な攻撃力は、どっしりと迎え撃つ拠点防御や、火力で制圧していく拠点攻略において使用するのに適しています。AA-12や東京マルイの電動ガンの高価買取は「ファーストミリタリー」にご依頼ください。

コラムに関するその他の記事

LINE@ LINE査定はこちら
取り扱い商アイテム一覧