ガスガン

【ガスガン】【宅配買取】【神奈川県】

商品名    KG9

メーカー   マルゼン

状態     ジャンク品

買取方法  宅配買取

買取エリア 神奈川県

買取時期  5月後半

 

皆様こんにちは。

ファーストミリタリー和田です。

本日はジャンク品の入荷です。

マルゼンのKG9

不動品です。

外観に破損は無いので飾りに如何でしょう。

KG9

KG-9はセミオートにもかかわらずオープンボルトで発射するという特徴があり、それのために違法にフルオートに改造することが比較的簡単であったそうです。

そのため、走行中の車から人を無差別に発砲するドライブバイシューティングに多用され、TEC-9は一般からは犯罪とギャングの暴行の代名詞という汚名を着せられました。

事態を重く見たATFは、1982年にインターダイナミックにフルオートマチックへの改造が困難なクローズドボルトタイプの銃にTEC-9の設計を変更するように命令を出したそうです。

ATFはアメリカの取締機関です。

インターダイナミックはその後イントラテックと改称し、設計を改めたクローズドボルトタイプの銃は”KG-99″の社内名称がつけられ、最初は”TC-9″として発売され、後に”TEC-DC9″という名称になりました。

1994年の連邦攻撃武器規制法はイントラテック社にTEC-DC9という名前を使うことを禁止しました。

その上で、新たな規制に適合させるため、TEC-9の特徴であった銃身覆いを廃止し、銃口のサプレッサー装着用ネジのない新しいモデルを作ることになってしまいました。

この規制適合モデルは”AB-10″の名称で販売されたが、ユーザーの評価は芳しく無く、また「違法な用途に適した改造が困難なこと」は犯罪者へのセールスポイントを失わせたため、売り上げは激減、数年後、イントラテックは廃業に追い込まれ、AB-10の生産もストップしました。

サブマシンガンはなかなか入ってこない商材です。

皆様のお手持ちの品がございましたら是非当店にお売りください。

皆様よとしくお願いいたします。

  |  

ガスガンに関するその他の記事

CONTENTS

無料事前査定申し込み買取の流れ

取扱い商品一覧取扱いメーカー一覧

最新買取実績よくある質問

LINE@ LINE査定はこちら
取り扱い商アイテム一覧