エアガン

【パーツ】【宅配買取】【青森県】

商品名    M4シャーマン エアタンク

メーカー   ニッケン

状態     使用感あり

買取方法  宅配買取

買取エリア 青森県

買取時期  5月末

 

皆様こんにちは。

ファーストミリタリー和田です。

本日はちょっと懐かしい品の入荷です。

ニッケンのエアータンクです。

M4 シャーマンです。

昔はこれを背負ってサバイバルゲームしてたのですね。

ニッケンのエアタンクとトイテックのキャリコはよく覚えています。

漫画で警官の主役がプロパンガスと重機関銃でロッカーに穴開けようとしていました。

結局爆発していました。

あの頃は爆竹とかもお手軽に変えたものですが、今ではどうなっているのでしょうか。

キャリコとは

ガンファンに人気のある機種というのはある程度限られるため、トイガン業界ではしばしば競作が生まれる事も多いらしいです。
昔ならM16A1やベレッタM92F、今ならM4カービンがあっちこっちのメーカーが競い合っていますね。
そんな中、それまで日本ではほぼ無名であったにもかかわらず、いきなり競作となってしまったのが、キャリコM-100だ。
発売したのはMGCとトイテックで、老舗に対抗したトイテックは新進気鋭のメーカだった事もあり、話題の銃でした。
実銃は22LRを使うセミオート、らせん状にカートリッジが並ぶヘリカルフィードマガジンと呼ばれるマガジンで、100発という大容量。
当然、エアガンでもその大容量マガジンが活かされ、なんと1000発もの装弾数を誇っていました。
BB弾はマガジン上部から流し込むスタイルで、後部のゼンマイを巻き上げ、後ろから少しずつ押し出す形で装填されていく感じです。
発射モードも、セミ、フル、3点バーストと言う仕様になっており、サバゲーでは最強ウェポンでした。

1991年に東京マルイが電動ガンを発売した事で、外部ソース式のガスガンは一気にその姿を見なくなっていきました。
もう少し早く世に出ていれば、と残念なエアガンでした。

こういった懐かしい銃もお買取りはやっています。

皆様のお手持ちの品がございましたら是非当店にお売りください。

皆様ファーストミリタリーをよろしくお願い致します。

 

  |  

エアガンに関するその他の記事

CONTENTS

無料事前査定申し込み買取の流れ

取扱い商品一覧取扱いメーカー一覧

最新買取実績よくある質問

LINE@ LINE査定はこちら
取り扱い商アイテム一覧